神戸の相楽園で大学生らが茶席 観光客にお点前披露〜産経ニュース〜

神戸の相楽園で大学生らが茶席 観光客にお点前披露〜産経ニュース〜
2017年5月10日 MELETY編集部

産経ニュースで取り上げられていた、大学生の茶道の活動に関するニュースです。神戸山手大・短期大の茶道部員の人たちが30日、神戸市中央区の日本庭園「相楽園」で、訪れた観光客らに地元の名水「布引渓流」で点てた茶を振る舞ったそうです。同園では約4千株のツツジが見頃を迎えており、観光客らは茶をたしなみながら、咲き誇るツツジを楽しんだということです。

 このイベントは、季節を感じながら茶道を知ってもらおうと、同大などを運営する学校法人「神戸山手学園」が毎年開いているそうで、この日は、現役部員やOGら13人が参加したそうです。神戸山手大学は兵庫県神戸市にある大学で、観光学部が併設されており、茶道だけでなく観光に特化した勉強や学習ができるカリキュラムになっているようです。(HP:神戸山手大学

学生の間でこのような茶道の活動が行われていることは、とてもいいですね!一般の方も参加して、地域交流にも役立ちそうです。

参照:産経ニュース